2012年9月6日

食育 園長先生検食中…

今日の給食の献立は「きのこ和風パスタ」でした。

 

10時30分

園長先生の検食の時間です。

 

園長先生の厳しい審査があるからこそ

子ども達が「おいしい」と喜んでくれる給食が毎日提供できます。

でも…厳しいと言いながらも、園長先生は毎日

「ちょーうめー」

と食べてくれます。

ちなみに

おやつは、園長先生の苦手な・・・

椎茸がたっぷり入った「五目いなり」でした。

 

たっぷり椎茸が入っているので取り除くのが大変です!

子どもより手がかかります(笑)

 

栄養士 宮澤

 

ページトップへ
2012年9月6日

その他 私が好きな園長先生の言葉

東京児童協会では毎月、仕事が終わった夕方から職員の意識・技術向上の為に研修を行っています。

今回も法人各園よりたくさんの先生が自主参加していました。

 

テーマは「どのように仕事に向き合っていくか」

講師は園長先生でした。

 

仕事に対する意識の持ち方や姿勢のあり方

自分の得意な分野に磨きをかけ、必要とされる人になること。

ただ仕事をこなすのではなく、保育園に貢献できたか。

それが働く者の責任であること。

 

そして、常に感謝の気持ちを示すこと。

仕事を与えてくれたことに感謝し、

「ありがとう」

の言葉を相手に伝えることが大切だということ。

 

園長先生は言います。

 

「俺が一番大切なのは職員だ。

子ども達のことは職員が大切にしてくれているから俺は職員のことを一番に考える。

みんなは子ども達のことを一番に大切にしなさい。」

 

私が好きな園長先生の言葉です。

 

 

このすみだ中和こころ保育園の子ども達、お父さん、お母さん、先生方に出会えたのも

運命であり「ご縁」です。

 

この出会いに感謝し、日々子ども達と向き合っていきたいと思います。

 

栄養士 宮澤

ページトップへ