2013年2月23日

園長より ブログを休止いたします。

本日をもって、しばらくのあいだブログを休止いたします。

 

 

本年度、開園した、すみだ中和こころ保育園。

 

みんなが仲良くなってほしいとの願いから「なかよし」をテーマにして、

 

園長の強いこだわりのもとに職員一丸となり保育園の基盤作りを行ってきました。

 

 

当園が法人10ヶ所目の保育園ということもあり、今後の保育業界をとりまく厳しい法人運営にも対応できるような

 

「これまでの保育園」から「あらたな保育園」を提案し保護者の皆様と共に楽しんだ1年でした。

 

その新たな取り組みのひとつとして、8月以降、このブログを通じて、たくさんの子ども達のドラマ!職員の1人ひとりの熱き思い!!

をお伝えしてきたわけです。

 

このブログが私たち保育園と、ご縁あって入園してくださった保護者の方々とを繋ぐ、大きな懸け橋になったことは言うまでもありません。

 

保護者の皆さんから「みたよ~」の声に支えられて、本日まで自由気ままに更新を続けてこれたことを感謝いたします。

 

 

しかし!今後も現在のように更新をしていくことも可能ですが、常に新たな挑戦をする当園です。

 

 

開園2年目となる4月に向けて、更にブログもパワーアップすべく、

 

新たな挑戦の準備期間として、しばらくのあいだ休止をさせていただきます。

 

なお再開は1ヶ月後の3月下旬を予定しております。

 

 

私たち、すみだ中和こころ保育園は今後も新たな保育園のあり方を提案していくと共に

 

「子どもにとっての保育園」を忘れず、思い出に残る保育園を保護者の皆様と作っていきます。

 

 

この保育園を利用されるすべての人が保育園を「好き」になり、保育園の「ファン」になってもらえますように・・・

 

 

新たにスタートするブログの第2章、ご期待ください!!

 

 

                              園長 菊地政隆

職員一同

ページトップへ
2013年2月23日

園長より 親子ふれあいコンサート

今日は朝から江戸川区タワーホールの大ホールにて親子コンサートでした。

 

法人の傘下保育園10園の親子が対象という大規模なコンサートです。

 

10園より500人近くの参加者が1時間のコンサートに酔いしれたわけです。

 

今回コンサートをしてくださったのは、「山野さと子」さんです。

 

私たちが子どもの時に歌っていた「こんなこといいな~」のドラえもんの主題歌を歌っているお姉さんです!

 

 

サプライズでコンサート中に僕もステージに呼んでいただき、

 

急遽、保護者のお父さんにも舞台に上がってもらい、ふれあい遊びを行いました。

 

1

 

お父さんとふれあう姿はいかがだったでしょうか?

 

 

明るく元気な山野さんと楽しい時間になったことは言うまでもありません。

 

親子の思い出になったならば嬉しいです。

23

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

園長 菊地

ページトップへ
2013年2月20日

保育 想いを言葉に…

初めて行った華道教室では、「おはなのしゅるいはどのくらいありますか?」「なにいろのおはながありますか?」

などと思ったことや感じたことを次々と先生に聞く子ども達の姿が見られました。

 

子どもたちの日々の生活の中には、不思議なことがたくさんあります。

 

子ども達はその度に「なんで?」「どうして?」と私たちに尋ねてきます。

 

そして、「そうだったんだ!」「○○みたいだね!」などと感じたことをたくさん話してくれます。

 

当たり前のようで簡単に思えることでも、それはなかなか難しいもの。

 

大人になると周りの目や雰囲気を気にしてなかなか自分の思いって言えなかったりしませんか?

 

 

今日の子ども達の姿を見て、初めて会う人にも素直な気持ちを伝えることのできる子ども達ってすごいな!と思いました。

 

そして、子ども達に教えてもらいました。

 

子ども達に負けないよう私たち職員も「想いを言葉に」を大切に毎日を過ごしていきたいと思います。

 

 

保育士 山下

ページトップへ
2013年2月19日

保育 はみがき戦隊☆ミガクンジャー!!

2月の健康教育は、歯磨きでした♪はみがき①

 

歯のおしごと、歯の磨き方。

…絵本、クイズ、顎模型を使いながら伝えます。

みんな結構上手に磨けている様子♪

おうちでの実践が楽しみ!

 

と思っていたところ。

 

次の日です。

前日健康教育をしたお友だちのお母さんに声をかけられました。

「松岡先生!リクエストがあるんですけど・・・。」

お話を聞くと、

保育園で歯磨きの練習をしたやり方を本人は忘れてしまって、

おうちで同じように磨けないというのです・・・。

だから、保護者にも健康教育の内容を詳しく教えてほしい、

そうすればおうちでも同じようにできると思うんです、

とのことでした。

 

このリクエストをうけて

保護者の方々に健康教育の内容を伝えることはもちろんですが、

もう一つ、改めて大切だと感じたことがあります。

 

それは

子どもたちが心底楽しめる方法で伝えること。

 

子どもたちが、覚えやすいように。

子どもたちが、親しみやすいように。

子どもたちが、やりたいと思えるように。

 

考えていたつもりでも

「覚えていない」

という子どもたちの反応が評価になります。

 

健康教育の方法を考え直すきっかけとなりました。

 

そして、そんな反省を踏まえて完成したのが・・・。はみがき②

はみがき戦隊『ミガクンジャー』です!笑

 

 

☆たてみがきレッド!

『みんなの笑顔を守るため、白くてきれいな歯にするぜ!

前歯をたてにミガクンジャー!』

 

☆よこみがきブルー!

『歯の横・あそこ、食べかす・むし歯、ないですか?

よこ・横・ヨコに、ミガクンジャー!!』

 

☆ななめみがきグリーン!

『奥歯をしっかり磨くため、

ななめに入れてミガクンジャー!』

 

☆うらみがきイエロー!

『忘れてないかい?前歯のうらに、奥歯うら。

裏までしっかりミガクンジャー!』

 

☆フレフレピンク!!

『みんなをたくさん応援するわ!

やさしく、ちいさく、ていねいに!

きれいにしっかりみがいてね(ハート)』

 

 

 

子どもたちは、はみがき③

レンジャーの登場と同時に

「ぼくあお~!」「レッドだ~!」と喜んでいました♪

頑張って作った甲斐があります。笑

 

どの戦士がどの磨き方だったかな?

子どもたちはしっかり覚えて元気に答えてくれました。

ぜひ、おうちでも聞いてみてください。

今度こそは覚えてくれているはず・・・!!

 

看護師 松岡

ページトップへ
2013年2月19日

保育 手作りの温もり②

ファスナーの玩具に続き、ボタン玩具が完成しました!

 

手作り①

 

 

ボタンによって動物さんの手が繋がれ、『なかよし』になっていきます。

 

この動物以外にもネコやカエルなどたくさんの動物がいます。

 

子ども達はとても嬉しそうに遊んでくれました!

 

すると2歳の女の子が言いました。

 

「くまさん、おようふくないの?」

「さむくない?」

 

と…。

 

確かに見るからに裸の動物さん達…。

 

作っている中で特に気にしていなかったところを子どもに指摘されてしまいました(笑)

 

本当に子どもって純粋で優しいですね。

 

そして続けて…

 

「やましたせんせい、どうぶつさんのおようふくつくってあげてね!」

 

と言われました(笑)

 

ということで、急いで作りました!!!

 

その子だけでなく、周りの子も興味津々で一生懸命動物さんに洋服を着せようとしてくれました!

 

手作り②手作り③

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

1歳のお友達にはまだ少し難しいようですが、服のボタンや手をつなぐ部分は一人でも出来ます!

 

なので、こんなかわいいことまでしてくれます!!

 

手作り④

 

 

素敵です♡

 

子どもの言葉から広がった新しい遊び。

 

これからも子ども達の言葉を大切に子ども達のための保育、そして玩具作りを行っていきたいと思います。

 

保育士 山下

ページトップへ
2013年2月14日

保育 お花を楽しむ!!

 

今日は草月流師範である生け花の先生をお迎えして、お花を楽しむ会を行いました。

 

こちらの先生は菊川駅の構内に飾られているお花も生けてらっしゃいます。

ご覧になったことはありますか?

 

 

今日は第一回目の会です。

子ども達は“お花の先生”が来ると聞いて期待を寄せていました。

園内に大きな花の束を運び込むと、

「なに~?」「おっきーい!」と大興奮。

 

 

いよいよ「お花を楽しむ会」のスタートです。

 

 

畳の部屋に入ると、何かかしこまった空気を感じるのか

子ども達がみんな正座で座ります。

そして自然と、静かでちょっぴり緊張感のある空気が出来上がりました。

 

 

 

少し体が前のめりになる子ども達はまさに“興味津々”………

 

 

目の前には大きな器が並び、優しいお顔の先生がゆっくり話し出します。

 

 

 

初めてということで、お花の紹介と共に道具のお話もしてくださいました。

「剣山」「花器」「わらび手」など、初めて聞く言葉ばかり。

 

 

 

一方お花には親しみがあります。

「ユリ」「カーネーション」「スイートピー」「トルコキキョウ」

 

見たことのある花。好きな色の花。不思議な形の花。

 

花7

 

 

 

 

 

 

 

 

 

木!枝! …柳?

「赤柳」=「レッドウィロー」という植物の名前も知りました。

 

 

一つ一つの名前を復唱しては、

物知り、いや、“植物博士”になった気分の星・月組。

まだまだ難しい、首を傾げる花組。

 

 

先生はお話をしながら着々と花器にお花を生けていきます。

枝の数や茎の長さをわらび手で切って整えていくのですが、

 

その手際の良さと勢いに目を奪われ、子ども達は食い入る様にして見つめていました。

 

 

少しずつ形になる作品。

3つ目の作品では先ほどの「レッドウィロー」が取り入れられました。

 

花3

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

さて、みなさんには何に見えますか?

 

子ども達からは、

「たいよう!」「おつきさま!」「どらえもん!?」との声が上がりました。

 

(飾ってある作品を見たお母さん方からは、「ハートに見える」という声も。)

 

 

 

作品のタイトルを伺ったところ、

見る人によって見え方、感じ方が違うので、特につけていないとのこと。

 

確かに見え方はそれぞれ。

 

花6

 

 

 

 

 

 

 

 

 

これから毎月、このお花を楽しむ時間を作っていきます。

 

様々なお花、作品に触れる中で、子ども達の豊かな感性を大切にし、


また、情操を養っていきたいと思っています。

 

 

 

 

花1

 

 

 

 

 

 

 

 

 

お花が好きな女の子達は、会が終わっても先生が気になる様子。

 

すると、先生が残っていたお花を園の花器に生けてくださいました。

職員が活かしきれていなかった花器が、見事な作品に!!

 

見ていた女の子達はそっと手に抱えながら、水道の脇に飾ってくれました。

 

 

きっとこのお花達を、私達職員だけでなく、子ども達自身が大切にしてくれるでしょう。

 

 

来月も、先生の作品、

そして子ども達の真剣な顔、発見の顔、感動の顔を見るのが楽しみです。

 

花4

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

次回3月14日(木)、お楽しみに♪

 

 

平沼

 

ページトップへ
2013年2月14日

園長より 子どもたちの好奇心

男が少ない職場というのは幸せなことで各方面よりたくさんのチョコレートをいただけます。

 

思い出します、2~3年前の大掃除のとき。部屋に見慣れない袋がでてきました。

中身をみるとチョコレート・・・僕は最低な男です。

 

いただいたチョコレートを放置して翌年のバレンタインを迎えようとしていたのです。

 

普段、あまりチョコレートを頻繁に食べる習慣のない人間にとって悲しいバレンタインの思い出。

 

それからというもの、貰い物はすぐに食べる!!というのが

自分のなかの決まりになりました。

 

様々な場面でのお土産や頂き物は、その場でその日にできるだけ食べる。

そして食べられない時、職員に幸せのお裾分け。

 

そんな気持ちで今日の昼食のメインは園長だけチョコレートです。

 

 

さて今日は保育園に念願の華道の先生にきていただきました。

 

今月より月に1日、保育園の活動として華道を取り入れます。

 

当園は和モダンがテーマで園舎を作りました。

 

その雰囲気にあう日本の伝統活動のはじめとして

 

華道、茶道、書道が保育の活動を組み入れています。

 

 

今日の華道の時間も1時間ぐらいあるのですが飽きる子どもも少なく僕が驚いたぐらいです。

 

子どもたちは観ていることができるのは「本物」だからでしょうか。

 

終了後には先生が質問ある人?と訪ねると、みんな手を上げてどんどん質問します。

 

「きれいなお花はどれぐらいあるんですか?」

 

「お花はどんな種類があるんですか?」

 

など・・・

 

よくできた子どもたち。空気をちゃんと読めます。

 

 

よく保育の業界でも資質向上の研修会終了後に司会者が質疑応答の時間を設けるときがあります。

 

でも・・・ほとんど質問が出てこないのが現実。

 

業を煮やし司会が「皆さん恥ずかしがり屋さんなんで、では先生、私から質問なんですが~」と

 

司会が質問する始末。大人にとって必要なのでしょうか・・・

 

なので僕が講師をする研修の場合は、感想がそれぞれ違っていいものですし余韻が大切なわけで、

 

あえて質疑応答はない形にしてもらっています。

 

 

そんな大人たちからみると、子どもたちは自らあふれ出す疑問を遠慮なく言える姿に、

 

子どもの素直な気持ち言葉に表すことのできる力を感じてなりません。

 

子どもたちの好奇心を高める活動、今後もどんどん取り入れていきたい園長です。

 

園内に素敵なお花がいっぱいです。ぜひ、保護者の皆様も楽しみにご覧ください。

 

ちなみに菊川駅の構内に毎月、飾られているお花と同じ先生の作品です。

CIMG0134DSCF1030

 

園長 菊地

ページトップへ
2013年2月6日

食育 だいずってすごいね!

今日は大豆製品とたくさんの豆について幼児さんにお話ししました。

先日節分で「おにはーそと!ふくはーうち!」と元気に投げた大豆。

 

「大豆は、あの夏によく食べた枝豆から出来ているなんて!」

その大豆から出来るものを紹介すると、

「豆腐や油揚げ、納豆など様々な食材になるなんて!」

と驚きを隠せない子ども達。

大豆の七変化はまだまだあります。

 

豆乳やおから、みそ、しょうゆ、きなこ、高野豆腐…

 

 

写真①写真②

 

 

 

 

 

 

 

 

 

「大豆からできるものが10個もあるよー!」

その数の多さにびっくりする子ども達。

 

そして、お豆には大豆以外にもたくさんの種類があることを伝えると、

「とらの模様だね!」「あんこは黒いのに、あずきは赤いんだね!」

「みどりのお豆もあるんだね」

 

たくさんの種類があることに驚いていました。

 

 

写真③

 

 

 

今日の給食ではおからを使ったサラダや、お味噌を使ったお味噌汁を提供しました。

すると「あ!おからあったよ!」「おみそもあるねぇ」「お豆腐は…入ってないね」と大豆製品探しをしながら給食を食べていました。ご家庭でも食事中に大豆製品探しを話題にしてみてはいかがでしょうか。

給食でも大豆製品やさまざまな豆を取り入れて、親しんでいきます。

 

栄養士 西山

ページトップへ
2013年2月5日

食育 うんとこしょ!どっこいしょ!

今日は大根ができるまでのお話をしました。

種を植えて、太陽の光とお水をあげると…

 

たくさんの大根の葉っぱが!

 

 写真1

 

 

「どんな大根かみんなで抜いてみようか!」

と呼びかけると

「うんとこしょ!どっこいしょ!」

と小さな声が聞こえてきました。

すると数人の子が大きな声で子ども達から元気な掛け声が!

 

 

 

 

写真2

 

 

 

 

「わー!!」

大きな大根が抜けました!

「わー!おっきい!!」

普段食べている青首大根、聖護院大根、紅芯大根、赤大根、ラディッシュ、小大根

といろいろな種類の大根を子ども達と一緒に抜いていきました。

 

次は大根の中身を切ってみせます。

紅芯大根を見て「わー!赤いね!!」

「皮は白いのに中身は赤いねー」

 

子ども達に「どんな大根を見てもびっくりするんだよ」

と予め言っておいたかのように喜んでくれます(笑)

 

 

 

写真3写真4

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

こんなに喜んでくれるとお話しているこちらも楽しくなります。

嬉しい限りですね。

 

本日のメニューは

“大根丸ごとランチ”

大根の葉、身、皮を使用した献立です。

「大根の葉っぱあった!」

「これ大根の皮なの?!」

と大根を見つけて喜ぶ姿を見ることができました。

 

大根は皮も葉も食べることができる万能な食材です。

今の時期は辛みも少なく生でも美味しく食べられます。

様々な料理に使用して見て下さいね^^

 

                                                                                           

栄養士 宮澤

ページトップへ
2013年2月5日

園長より 食は見た目から

今日は食育活動の日。

 

栄養士の3人が今日も子どもたちにわかりやすく伝えてくれます。

 

今月のテーマ食材は「大根」!!

 

まず栄養士が、おおきな株の要領で箱から大根を次々にひき出します。

 

なかから出てきた大根は・・・

 

聖護院大根(しょうごいん)

紅芯大根(こうしん)

青首大根(あおくび)

赤大根(あか)

小大根(に)

ラディッシュ

 

子どもたちはビックリ!こんなにも大根があるんだね。

 

栄養士達は、この大根を全て使いランチを作ります。

 

題は「大根丸ごとランチ」

 

菜飯

ブリの塩焼き

大根皮の甘辛煮炒め

蓮根と干し柿の甘酢漬け

けんちん汁

いよかん

 

おやつは

 

切り干し大根おやき

 

でした!

 

みせて食べる、素晴らしい。食育です。

 

食は見た目から大切です。

 

子どもの好き嫌いは食べず嫌いから始まります。

 

いかに子どもたちに興味をわかせ、食べたくなる意欲をわかすのか。

 

栄養士達の努力に頭が下がります。

 

今日もおいしい給食が食べられるのも子どもたちのために頑張ってくれる栄養士に感謝。

IMG_20130205_122630

 

園長 菊地

ページトップへ

1 / 212