2013年11月7日

保育 はんぶんこの笑顔

この頃、ひよこ組の子ども達は自然物を採集することに夢中です!

ある日、姫りんごという木の実を2つ拾ったR君のところに「ぼくもほしーい」とS君がやってきました。

DSCF8575

 

 

 

 

DSCF9208

 

 

どうするかなぁ、と見守っていると…

 

「うーん、…じゃあはんぶんこ!どーぞ!」

 

「ありがとう!」

 

と仲良く笑い合う姿がありました。

 

その瞬間、取り合いになるかな…ケンカにならないかなぁ…

と思っていた自分が恥ずかしくなりました。

 

「ぼくの!」「わたしの!」と言い合っていた姿はいつの間にかDSCF9235

大好きな「おともだち」と物を分け合うこと、

楽しみを共有することを喜ぶ姿に少しずつ成長していたのです。

 

 

 

「はんぶんこだね」「えへへ」と微笑ましい会話を続ける

二人の後ろ姿を見て、

心の成長を感じ、涙が目に溜まるほど、胸が温かくなりました。

成長と共にもっともっと、お友達と関わって遊ぶことを楽しむ姿が増えていくかと思います。

 

これからも日常のエピソードを保護者の方と共有し、

子ども達の心と身体の成長に寄り添っていけたらと思っています。

DSCF9211DSCF9201

 

 

 

 

 

 

 

 

DSCF9232

 

 

 

保育士 富岡

ページトップへ