2012年9月13日

食育 第二回目こころクッキング

今日は第二回目のこころクッキングを行い、秋に美味しい時期を迎えるさつま芋とりんごを使った「さつま芋とりんごのカナッペ」を作りました。

 

はじめに栄養士が食材の紹介と親子の前で実際に実演しました。

 

お父さん、お母さんも子ども達も真剣な目をして話を聞いてくれ

早くクッキングをしたい!!とじわじわ伝わってきました…

クッキングの準備もととのい、作り方も分かったところで‥

いざ、Let`s クッキング!!

 

ほかほかのさつま芋が出来あがり、まずはさつま芋の皮むきに挑戦です。

「温かいねー」「難しいな、剥けないよ‥」と

お父さん、お母さんに助けられながらも頑張る子供達

次はさつま芋つぶしです。

スプーンで少しずつ少しずつつぶしていきます。

「出来ないよー」「お芋って固いねー」とつぶやく子ども達に温かく手を差しのべるお父さん、お母さん

つぶし終わったところでスキムミルク入り牛乳を少しずつさつま芋に加えかき混ぜます。さっきまで難しいとお父さん、お母さんに助けを求めていた子ども達も

「混ぜるのは得意だよ」と自慢げにかき混ぜています。

 

さぁいよいよ煮ていたりんごの登場です!!

頑張って混ぜたさつま芋に煮リンゴを投入。

またまた子どもたちは自慢げにかき混ぜます。

 

数分後…

「できたー」「おいしくできたよー」と嬉しそうにお父さん、お母さんに見せる子ども達

「上手にできたね」と一緒に自然と笑顔になるお父さん、お母さん

 

楽しみにしていた試食会

 

園長先生や栄養士、保育士が「おいしいかな?」と尋ねると

 

子ども達は「おいしいよ」「上手にできたの」「自分で作るとおいしいね」

お父さん、お母さんは「簡単に出来ますね」「スキムミルクも入っていてカルシウムも豊富だし、味も気にならないですね」「また家でも作ってみます」と喜びの声を頂きました。

 

笑顔が沢山溢れた今回のこころクッキング!!

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

やはりお父さん、お母さんと一緒にクッキングすることは子ども達が喜ぶのはもちろん親子のコミュニケーションを深める場ともなります。

ぜひご家庭でも食材を洗う、食材をつぶす・まぜる等一緒に簡単に出来るクッキングをしてみてはいかがでしょうか。

栄養士 須藤

 

 

ページトップへ