2013年10月31日

食育 初めての炊飯活動

月組になって初めての炊飯活動!!

お米は春に「もみ」を土に植え、夏には水をたっぷり吸うことで「稲」が大きくなり、秋近くなると「穂」が出来て、実(米)がなる。米が出来るまでには沢山の時間が必要だということ!!絵本を使って伝えました。

本来なら…実物を育てて大きくなっていくところを見せたいのですが…

 

その後炊飯を一緒に行いました。

・お米を計るチーム ・お米をお釜に入れるチーム ・水を計りお釜に入れるチーム

の3つのグループに分けます。

グループ分けは子どもたちで話し合い決定しました。

 

お米を計るチームは1カップ=1合と伝えお米を計っていきます。お米をこぼさずに慎重に行わなくてはいけないので、子ども達は丁寧にゆっくり…とお米を一粒も落とさず頑張りました。「やったー、できたよ」嬉しそうです。

 

次はお米を洗います。みんなで三回ずつ手のひらと手首を使って洗います。初めは少し戸惑いながらも「先生、上手でしょう」と。お米を研いだお水が少しずつ真っ白から透明に近づききれいになってくると驚いていました。

 

 写真1 須藤

 

 

お米をお釜に入れるチームは一番お米を炊くにはかなめです。みんなで洗ったお米を一粒も落とさないように真剣に慎重に…。子ども達は協力し合って一粒も落とさず入れる事ができました。「ふー良かった…」とやり遂げた顔には笑顔が。

 

水を計りお釜に入れるチームは水をこぼさないように…。一人一目盛りまで入れていきます。

 

 

写真2 須藤

 

 

3チームの力がそろったところで炊飯器にお釜をセットして

3,2,1 スイッチを「ポン」

後は炊けるまでのお楽しみです!!さあ、手づくり味噌でのおにぎり作りまでお楽しみに!!

 

 

栄養士 須藤

ページトップへ