2013年4月17日

食育 第7回目 こころクッキング 春色3色おにぎり作り

~今年も色んなメニューを作ってみよう~

 

前年度に引き続き今年も1年間通して、こころクッキングを開催していきます!!

こころクッキングは幼児クラス中心の活動だったため、去年ひよこ組(2歳児)だったみなさんが新しく参加出来る事になり、

沢山の家庭に参加して頂きました!!

 

今回はだんだんと暖かくなりピクニックやお出かけすることが増えるこの時期に家庭にもある食材で短い時間で簡単に出来るおにぎり作りをしました。

 

星組・月組のおともだちは簡単に準備を済ませて、準備万端!!

初めて参加する花組のおともだちは初めての場所に不安ぎみ!!

 

その中でこころクッキングが始まりました!!

 

はじめに栄養士から作り方と材料の紹介をしました。※レシピは後ほど紹介しますね。

ご飯に食材を混ぜるという簡単なクッキングだったので、すぐに作り始めました。

 

っとその前におにぎり作りのポイント☆

・ご飯を炊く前に塩を入れて一緒に炊く→塩加減のむらを防止できます!!

・ラップをしいてそのうえにご飯をのせるとお皿に米粒がつくこともなくお皿もきれい!!

そのままラップで包む事が出来ます。無駄なことがありません!!

 

3種類の食材を親子で好きな食材から作っていきます。

花組のみんなも不安顔から作り始めるたことでにこにこ顔に変わりました。

7クッキング1

 

「上手に出来たかな?」と話しかけると「先生みてみて、美味しそうでしょ?」「早く食べたいなー」と一生懸命混ぜていました。

 

3種類混ぜ終えると、次はにぎる作業です。

ラップの中で好きな形に握る子どもたち!!

丸いおにぎり、三角のおにぎり…それから色んな形のおにぎり

「出来たよー」「僕の美味しそうでしょ」と笑顔で自慢をしてくれました。

7クッキング写真27クッキング写真3

 

 

 

 

 

 

 

 

 

試食会☆

「いただきます」と幸せそうに食べる子どもたち。

「チーズとおかか美味しいね」「エビと昆布も美味しいよ」とモリモリ食べる子どもたちを横に「こんなに食べるの?」と驚き気味のお母さん。

やはり自分で作ったおにぎりは美味しかったようです!!

 

今年度もこころクッキングでは子どもたちの笑顔とお母さん・お父さん方の笑顔が溢れる

クッキングを行っていきたいと思います!!

 

☆アンケートより☆

・大人の感覚での具材と違って、子どもたちが好きな具材を知る事が出来て良かった。

・毎回栄養バランスが良くまたおいしいので親子ともども楽しみました。

・いつもは時間におわれて、簡単なこともなかなか手伝わせてあげられないので楽しい時間を過ごせました。

 

☆3色おにぎりレシピ☆

家族4人分 ※1個ずつ

ご飯 540g ※1個あたり 45g

 

<塩昆布と桜えび>☆  塩昆布8g  桜えび1g

<チーズおかか>☆   チーズ10g おかか1/2袋

<かぶの葉としらす>☆  茹でかぶの葉 5g しらす 5g

 

 

是非作ってみてくださいね!

ちなみに…チーズおかかが大人気でした☆

5月のこころクッキングもお楽しみに!!

 

栄養士 須藤

ページトップへ
2013年4月15日

食育 大豆からの味噌つくり

今年度に入り、初めてのクッキング!!

 

今日は月組と一緒に味噌つくりをしました。

ますはどのように作るのか、どんな材料が必要なのか栄養士から紙芝居で紹介しました。

味噌1味噌2

 

 

 

 

 

 

 

味噌3味噌4

 

 

 

 

 

 

 

味噌5味噌6

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

紙芝居を見て、味噌つくりを知った月組に質問!

 

さて? 味噌に必要な材料は大豆と塩ともうひとつはなんでしょう?

 

「えーとね…」「お米みたいな白いもの」と…

そのうちの一人が「あ、麹だー」と叫びました。

 

そう、答えは「麹」です。

 

麹とはどんな匂いか食感か体験しました。

「お米の匂いがする」「麹ってざらざらするね」と発見!!

その後麹にぬるま湯を入れて湿らせておきます。

 

ここからが子供たちの出番です!!

はじめに大豆をつぶすところから始めました。

めん棒で一人ずつつぶしていきます。最初は「すぐつぶれるから簡単だね」と笑顔でつぶしていたこどもたちが思った以上に大変だと感じたのか笑顔が消えていく…

 

その一生懸命つぶす姿にとても頼もしく感じました。

味噌6味噌8

 

 

 

 

 

 

 

 

 

大豆を全てつぶし終え、初めにつぶしておいた大豆を混ぜ合わせます。

そしてその中に湿らせておいた麹を混ぜます。

 

良く混ぜ合わせたらここも子どもたちの出番です!!

大豆と麹を合わせた味噌玉を樽の中に投げ込み詰め込んでいきます。

「お団子みたいに丸めてごらん!!その後は樽の中に投げてね」と伝えると

「投げていいの?」と不思議そうに。

「味噌が美味しくなるためにはしっかり投げて空気を抜いてあげる事が大切だよ」と伝えると「分かった」と一瞬にして気合いが入りました。

 

味噌玉を触った子供たちは「ぷにぷにしてるね」「お味噌の匂いがする」と初めての触感に興味津々!!

味噌9

 

 

さあ、丸めて第一投目!!

樽の中に「ボンッッ」

次々と投げていきます。どんどん樽の中はいっぱいになり、月組11名が力を合わせて作った味噌はたった10分で詰め終わりました。

 

「出来た―、みそがいっぱいになったよ」と喜んでいました。

 

月組が作った味噌は9月から10月頃仕上がる予定です。

月組達全員が自分たちで作った味噌を食べる時がくるまで心待ちにして…

味噌つくりを終えるのでした。

 

栄養士 須藤

ページトップへ
2013年4月3日

食育 3月22日(月) 「ありがとうの会 パート1」

3月22日

月組のお兄さん、お姉さんに

感謝の気持ちを込めてありがとうの会を開くことになりました!!

星組のみんなでありがとうの気持ちを込めて、クッキー作りをしました。

久しぶりのクッキングに張り切ってエプロンと三角巾をつけて、準備万端です!!

 

今回は生地つくりから行いました。

<午前中>

子ども達の前で材料の紹介から始め、バター・砂糖・卵の順番に混ぜます。

よく混ぜ合わせたら小麦粉を入れて混ぜます。

ここからが星組の出番です。一人ずつ回数を決めて混ぜていきます。

「だんだん混ざってきた」「もう食べたいなー」とニコニコしながら混ぜています。

パート1写真1パート1写真2

 

 

 

 

 

 

 

 

 

そのあとは袋に移し、袋の中でもみもみ!!

「ふかふかしているね」「ぐみみたいだね」と生地の触感を楽しんでいました。

最後の仕上げはめん棒での生地のばし。初めて経験する子が多く少し苦戦していました。

パート1写真3パート1写真4

 

 

 

 

 

 

 

 

 

これで午前中の作業は終了!!

 

続いてお昼寝の前にクッキーの型抜きをしました。

「先生、生地固まった?」「もうできるの?」と午前中よりそわそわ…

2つのグループに分かれて、型抜きをします。

始めはみんなで楽しみながら「ハートに抜けたよ」「上手に出来たから見て」と

自慢し合っていた子ども達が途中からぱたりと静かになりました。

ふとみると黙々と集中して型抜きをしていました。

「月組さん、美味しいって言ってくれるかな」と…

思わずその子どもの姿にとても嬉しくなりました!!

 

パート1写真5

パート1写真6

 

 

 

 

 

 

 

 

 

クッキーの型抜きを終えていったんお昼寝に!!

その間に調理室ではクッキーを焼いていきました。

 

14時半‥

「先生、クッキー焼けた?」と調理室の扉を開けてチェックです。

私が「美味しそうに焼けたよ」と教えると

「月組さん、喜んでくれるかな」と期待しながらも会場の装飾準備を始めました。

 

この続きは

ありがとうの会 パート2に行ってみましょう!!

 

栄養士 須藤

ページトップへ
2013年4月2日

食育 3月13日(水)ダイジェスト 「第6回 こころクッキング  」

3月13日に今年度最後のこころクッキング~ホットケーキパーティー~を行いました。

栄養士からホットプレートを使う注意点と作り方を伝え、色んな味のホットケーキを作ろうということで8品の具材を用意し、

各家庭で自由に好きなものをホットケーキに入れて焼いてもらいました。

 

時間の関係で生地は作っておき、ホットプレートも温まったところでホットケーキの生地を流しいれ、具材をのせていきます。

そーっと生地を流しいれる子ども達の顔は真剣!!一人ひとり大きさが違い

小さいホットケーキを作る子‥大きいホットケーキを作る子‥

色んな形にする子‥

 

第6クッキング写真1

 

その中で楽しみにしていたのが、ホットケーキを裏返す瞬間です。

「出来る?」「出来るよー、任せて」…「いっせいので」

とフライ返しで一生懸命ひっくり返しています。

 

「やったー」「やったー、できたー」と次々歓声が各テーブルであがっていました

 

「先生、出来たんだよ、僕」

嬉しそうにする子が多く、少しコツをつかむと次々と焼いていました。

第6クッキング写真2第6クッキング写真③

 

 

 

 

 

 

 

 

 

全ての家庭が焼き終えたころには

沢山の色んな味のホットケーキがテーブルに並んでいました。

 

試食の時間!!

子ども達からもお母さんからも笑顔が溢れていました。

「りんごとさつま芋美味しい」「ほうれん草とりんごもおいしいよ」と色んな種類の色んな形のホットケーキが出来て、

とても嬉しそうに食べていました。

第6クッキング写真4

 

 

<アンケート結果>

・ホットケーキにすると嫌いな食べ物でも食べそうで良いですね!!

・家でも実践できそうでアレンジもできそうなので試してみます。

・トッピングをしてみんなで食べるのがとても楽しかった

 

嬉しいアンケートを頂き、こころクッキングを行って良かったなととても嬉しく思います。

 

来年度もさっそくこころクッキングを4月に予定しています!!

 

栄養士 須藤

ページトップへ
2013年2月6日

食育 だいずってすごいね!

今日は大豆製品とたくさんの豆について幼児さんにお話ししました。

先日節分で「おにはーそと!ふくはーうち!」と元気に投げた大豆。

 

「大豆は、あの夏によく食べた枝豆から出来ているなんて!」

その大豆から出来るものを紹介すると、

「豆腐や油揚げ、納豆など様々な食材になるなんて!」

と驚きを隠せない子ども達。

大豆の七変化はまだまだあります。

 

豆乳やおから、みそ、しょうゆ、きなこ、高野豆腐…

 

 

写真①写真②

 

 

 

 

 

 

 

 

 

「大豆からできるものが10個もあるよー!」

その数の多さにびっくりする子ども達。

 

そして、お豆には大豆以外にもたくさんの種類があることを伝えると、

「とらの模様だね!」「あんこは黒いのに、あずきは赤いんだね!」

「みどりのお豆もあるんだね」

 

たくさんの種類があることに驚いていました。

 

 

写真③

 

 

 

今日の給食ではおからを使ったサラダや、お味噌を使ったお味噌汁を提供しました。

すると「あ!おからあったよ!」「おみそもあるねぇ」「お豆腐は…入ってないね」と大豆製品探しをしながら給食を食べていました。ご家庭でも食事中に大豆製品探しを話題にしてみてはいかがでしょうか。

給食でも大豆製品やさまざまな豆を取り入れて、親しんでいきます。

 

栄養士 西山

ページトップへ
2013年2月5日

食育 うんとこしょ!どっこいしょ!

今日は大根ができるまでのお話をしました。

種を植えて、太陽の光とお水をあげると…

 

たくさんの大根の葉っぱが!

 

 写真1

 

 

「どんな大根かみんなで抜いてみようか!」

と呼びかけると

「うんとこしょ!どっこいしょ!」

と小さな声が聞こえてきました。

すると数人の子が大きな声で子ども達から元気な掛け声が!

 

 

 

 

写真2

 

 

 

 

「わー!!」

大きな大根が抜けました!

「わー!おっきい!!」

普段食べている青首大根、聖護院大根、紅芯大根、赤大根、ラディッシュ、小大根

といろいろな種類の大根を子ども達と一緒に抜いていきました。

 

次は大根の中身を切ってみせます。

紅芯大根を見て「わー!赤いね!!」

「皮は白いのに中身は赤いねー」

 

子ども達に「どんな大根を見てもびっくりするんだよ」

と予め言っておいたかのように喜んでくれます(笑)

 

 

 

写真3写真4

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

こんなに喜んでくれるとお話しているこちらも楽しくなります。

嬉しい限りですね。

 

本日のメニューは

“大根丸ごとランチ”

大根の葉、身、皮を使用した献立です。

「大根の葉っぱあった!」

「これ大根の皮なの?!」

と大根を見つけて喜ぶ姿を見ることができました。

 

大根は皮も葉も食べることができる万能な食材です。

今の時期は辛みも少なく生でも美味しく食べられます。

様々な料理に使用して見て下さいね^^

 

                                                                                           

栄養士 宮澤

ページトップへ
2013年1月7日

食育 お正月は美味しいご馳走食べたかな?

新年あけましておめでとうございます。

 

お正月はどんな美味しいおせち料理やご馳走を食べましたか?

 

きっととても素晴らしい料理を毎日お正月は食べていたのではないかと思います。

 

さて今日は七草の日です。

保育園でも七草(セリ、ナズナ、ハコベラ、ゴギョウ、ホトケノザ、スズナ、スズシロ)をいれたおかゆを食べ、お正月の疲れた胃を守り、一年間無病息災で過ごせるように願いを込めて食べました。

 

花、星、月組さんに七草の日の話をしています。

 

七草を知っている子が少なく

春の七草を実際に順番に見せていくと、

「この葉っぱなに?」「食べられるの?」と不思議そうな顔をして見ていました。

 

でも七草を食べる事によって胃が元気になることや一年間元気いっぱいに遊べるように願いを込めて食べる事を伝えると、不思議そうに眺めていた子ども達も少し興味を持ちはじめたようで「食べてみようかな?」「元気になるんだもんね」と食べる覚悟を決めたようでした。

 

おやつの時間になると調理室の前に来て、

「いい匂い~早く食べたいね」「どんな味がするのかな」と早く食べたい様子。

 

「いただきまーす」

 

黙々と食べる子ども達に「美味しい?」とたずねると

「おいしいよ」「もっと食べたかったな…」

 

とても素朴な七草粥ですが子ども達にとても大人気でした。

こういった日本古来の伝統食を保育園では取り入れて子ども達にしっかり伝えていきたいと思います。

 

七草 写真1七草 写真2

 

栄養士 須藤

 

 

 

 

ページトップへ
2012年12月28日

食育 小松菜と人参のクッキー作り

13、27日の2日に分けて星組・月組とクッキーの型抜きを行いました。

 

エプロン・三角巾・マスクをつけて準備を整えるのも

クッキングの経験を何回か行っているので準備も早くなりました。

 

生地つくりから子ども達に経験して欲しいところでしたが、

今回クッキー生地はあらかじめ栄養士で作っておきました。

 

子どもたちにクッキーの材料を聞くと

「卵に砂糖」 うーん… 「分かった、小麦粉」とクッキーの材料を知っている子が多く「おうちでも作ったことあるよ」と話していました。

 

材料の紹介を説明し終えた後楽しみにしていたクッキーの型抜きタイム!!

 

好きな型を自分で選んで一つずつ抜いていきます。

 

慎重に丁寧に抜く子…力強く素早く抜く子…

 

クッキー1クッキー2

 

 

 

 

 

 

 

 

 

みんな上手に抜けた瞬間

 

「先生、みてみてハートが出来たよ」 「四葉のクローバー、じょうずでしょ」

と嬉しそうに見せます。

 

型抜きが終わって、食べるのは焼けるまでの辛抱です。

焼き上がるのがとても楽しみなのか、ちらちら調理室をのぞきにやってきます。

「まだー?」 「いい匂いがしてきたよ」と早く焼けないかなと待っています。

 

そしてクッキーが焼きあがると

「早く、早く、食べたいよー」と待ちきれない様子。

沢山のクッキーが出来たので先生におすそ分けもして、さあー食べよう!!

 

「おいしいーーー」 「サクサクして何個でも食べたい」と嬉しそうにしていました。

 

クッキーの型抜きはとても簡単なクッキングですが、お父さん・お母さんの手をかりなくても自分の好きな形で簡単に抜ける楽しさと上手に型抜きを出来た時の達成感を味わうことができます。

クッキー3クッキー4

 

 

 

 

 

 

 

 

 

ここで 小松菜のクッキーのレシピを紹介します!!

 

材料 約6枚分(型抜きの大きさによって異なります)

 

薄力粉    32g

無塩バター  18g

グラニュー糖 10g

卵黄     7.5g

小松菜     3g(約1/2房分)

※人参の場合は 6g

 

です!!

 

ぜひご家庭でも作ってみてください。

 

<最後にお知らせです>

 

クッキングの際には必ずエプロン・三角巾を衛生面の観点から着用して行います。

前日にエプロンと三角巾の持参をお願いすると思いますので、忘れずにお持ちください。

尚、忘れてしまった場合は衛生面を考慮して、クッキングを行うことが出来ませんのでご理解のほど宜しくお願い致します。

 

栄養士 須藤

ページトップへ
2012年12月6日

食育 魚から命を頂いていることに感謝しよう

今月は1ヶ月を通して、

肉・野菜・魚には全て命があり、感謝しながら食べる事を伝えてきました。

 

先日、肉・野菜から命を頂いていることを話し、

幼児(花、星、月組)中心に魚にも命があり、感謝する気持ちを持って食べる事を伝えるために鮭の解体を行いました。

 

栄養士がエプロンとねじりタオルで「お魚屋さん」に変身!!

 

子ども達はウキウキしながらランチルームに入ってきては

お魚屋さんに変身した栄養士を見て、

「先生、かっこいい」「似合ってるねー」とジロジロ見てきます。

 

皆がそろったところで鮭の解体を行う前に約束事を伝え、鮭の解体~スタート!!

※まだこの時点ではオスの鮭かメスの鮭か伝えていません。

 

まずは鱗をとります‥っとその前に

栄養士から「みんなで触ってみよう!!」

その一言で目を輝かせて楽しみにする子、触るの…と少し戸惑う子と様々です

子ども達は実際に触り、

「ぬるぬるするよー」「ここは少しざらざらする」と初めての手触りに興味津々でした

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

そしてペットボトルのキャップで鱗とりを始めると

すぐにがりがり‥がりがり‥と音が鳴り響きます

 

「がりがり音がするよ」と鱗がとれる音に気づき、耳をすましていました

 

鱗とりも終わり、いよいよ包丁で鮭をきっていきます。

「次は切っていくよ、お腹から何が出てくるかな?」とドキドキ!!

 

栄養士がお腹を切り、内臓をとりだします。

子ども達はすごい、すごいとはしゃいでいます。

そんな中、園長先生は…あれ? 見当たりません

…「俺、苦手なんだよ‥」と言って立ち去っていきました。

そして、お腹から大きな卵をとりだします。

子ども達に見せ、「これは何かな?」と聞くと「卵だー」と歓声が!!

「卵が入っていたね、オス?メス?どっちだ」と聞くと「メスだよ」と答えてくれました。

 

子ども達の近くまで見せにいくと「卵、沢山あるよ」「うわー美味しそう」と

大きいままのいくらに驚いていました。

鮭をきれいにして最後は鮭を三枚におろしていきます。

おろしていく度に「うわー」「うわー」と少し感激する子ども達。

 

みごと鮭の解体が終わり子ども達に見せると

「すごいね」「これで食べられるの?」ともう食べることを楽しみにしている子ども達に

栄養士から

「魚もこうやって生きていたものが、魚屋さんで美味しく食べられるように切ってもらって、みんなが給食で食べられるようになるんだよ」と伝えると

「今日も残さず食べるよ」「感謝して食べる」と言いました

 

昼食の時間!!が近づき

楽しみにしていた子ども達がお散歩から帰ってきます。

帰ってくるなり、「先生、鮭焼けた?」「美味しくできたの?」と調理室を覗きます

待ちに待ったご飯の時間には大きなお皿に焼けた鮭一匹丸ごとのせ見せました。

「すごーい、美味しそう」「感謝して食べなきゃね」「全部食べるよ」と

命を頂いていることに感謝して食べる姿がありました。

 

今月だけではなく、

これからも全ての命ある食材に感謝して食べる事を伝えていきたいと思います。

 

栄養士 須藤

ページトップへ
2012年12月4日

食育 小松菜の話をしました!

今日はひよこ組(2歳)から月組(5歳)までの子ども達に

今月のテーマ野菜である「小松菜」の話をしました。

 

まず、子ども達に今月のテーマ野菜が何か質問すると

「こまつなー」と元気に答えてくれました

 

毎月テーマ野菜について記載しているプリントを

家庭で子どもと一緒に読んで伝えてくれているのだなと感じ

とても嬉しい気持ちになりました。

 

「小松菜が出来るには何が必要かな?」と質問すると

「たね」「つち」「たいよう」「おみず」とスムーズに答えてくれるようになりました

 

「それから大きくなると、どうなるのかな?」と3択クイズをしました。

①茎が太くて、葉も丸くて大きい

②茎は細くて、葉はぎざぎざしている

③茎は細くて、葉は丸くて大きい

 

 

正解は・・・

③が小松菜でした!

 

ちなみに、①はチンゲン菜、②はほうれん草でした

 

実物の小松菜、チンゲン菜、ほうれん草を見せると、

違いが良く分かったようで、

「これが小松菜だよね」「これはチンゲン菜だね」「こっちはほうれん草だよ」と

子ども達で話し合う姿も見られました。

小松菜は骨を強くしてくれる栄養がたくさん入っていることを伝えると

「牛乳にも入っているよね」

「たくさん食べるね」

と話してくれました。

 

今日のお昼の給食に小松菜が入っているよと伝えると

 

給食の時間に一生懸命探し「シチューに入っていたよ」と教えにきてくれました。

 

今日の

「鮭と小松菜のシチュー」です

 

栄養士 須藤

 

ページトップへ