2012年10月16日

食育 第3回目こころクッキング

今日は第三回目のこころクッキングを行いました。

 

今回は前回のこころクッキングのアンケートで

今後やってみたいアンケートはありますか?という内容に

「野菜を使ったメニュー」が知りたいというご要望が一番ありました。

 

そのご希望にお応えして…

今回は「野菜を美味しく食べられる簡単ドレッシング作り」を行いました。

内容は保育園でも人気№1 玉葱ドレッシングとその他に「スキムミルク」「カレー粉」「りんご」の三種類のドレッシングです。

 

クッキングに参加する子ども達は

朝から楽しみにしていたようで、私の顔を見るたび

「早くクッキングしたいなー」「今日はドレッシングを作るよね」とウキウキ

 

17時 

クッキングの時間になり、楽しみにしていた子ども達はエプロンをつける姿はニコニコ顔

 

Let`s クッキング!!

今回は材料を混ぜるだけのクッキングだったので、簡単に説明を終え、

まずは玉葱ドレッシング作り!!

 

 

 

 

 

 

 

お皿に醤油‥砂糖‥サラダ油‥

一生懸命かき混ぜます

頑張って混ぜた後に加熱したすりおろした玉ねぎを入れると

「いいにおい」「食べたくなったな」と食べるのが待ち遠しい子ども達

 

次にフレンチドレッシング作り!!

お皿に穀物酢‥砂糖‥サラダ油‥塩‥こしょう‥

一生懸命かき混ぜます

出来た―と拍手して喜ぶ子どもたちの姿にお母さんたちも笑顔

 

 

 

 

 

 

 

さらに作ったフレンチドレッシングをアレンジする食材の中に分けて

新しく3つのドレッシングが出来ました。

 

そして子ども達が楽しみにしていた試食の時間になりました。

今日の試食用に準備した野菜はブロッコリー、人参、大根の三種類

野菜が準備され、私が試食どうぞと伝えると

子ども達は一目散に自分で作ったドレッシングに野菜をつけてパクパク‥

 

「玉葱ドレッシング美味しいよ」「りんごのドレッシングも美味しい」と

お母さんにすすめる子ども達にお母さんたちも野菜をドレッシングにつけパクリ

お母さん達からも「本当だ、美味しいねー」と嬉しいお言葉です。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

お母さん達の感想では‥

・家では絶対に野菜を食べてくれないのでぜひ家でも作ってみます!!

・簡単なレシピで美味しくできるので、とても参考になりました

・自宅にある調味料で出来るので作ってみます

などなど…

嬉しい感想ばかりでした。

 

保育園では野菜をモリモリ食べる子ども達もお家では食べないという家庭が多いようです。今回の親子クッキングをきっかけにぜひ野菜克服が出来るようになって欲しいなと思います。

 

 

栄養士 須藤

 

 

 

 

 

 

 

 

今回は特別に☆レシピを大紹介☆

玉葱ドレッシング の作り方                       

材料     (家族4人分)

玉葱   30g

醤油   大さじ2

砂糖   小さじ2

サラダ油 大さじ1

 

○作り方○

①玉ねぎをすりおろし器で生のまますりおろす

②すりおろした玉ねぎはお皿に入れ、電子レンジで15秒加熱する

③醤油、砂糖、サラダ油を合わせ混ぜる

④②を③とよく混ぜ合わせる

⑤ドレッシングの完成!!

 

フレンチドレッシングの作り方

材料     (家族4人分)

穀物酢  大さじ2

塩    ひとつまみ

砂糖   小さじ2

サラダ油 大さじ1

こしょう 少々

 

○作り方○

①全ての材料を合わせ混ぜ合わせる

!!フレンチドレッシング大変身術!!

・カレー粉  3g

・スキムミルク 3g

・すりおろしりんご 5g

☆さらにワンポイント☆

・穀物酢をりんご酢にするとりんごの甘みが加わりおいしいです。

・レモン汁を少し入れるだけでもさっぱりした仕上がりになります。

 ※レモン絞りも一つのクッキングに!!

 

 

ページトップへ
2012年10月11日

食育 骨がきれいにとれたよ!

秋に美味しくなる秋刀魚を

今月は「秋刀魚の塩焼き」にして給食で提供しました!

 

 

 

お皿からはみ出すほど大きな秋刀魚を4・5歳には骨ごと提供しました。

 

生の秋刀魚をみせると

 

 

「わー!おっきい!」「目がギラッってしてるー」と

普段見ない、生の秋刀魚にドキドキワクワクする子どもたち

 

次に、秋刀魚の骨を上手に取って食べる方法についてお話しをしました。

 

まず、秋刀魚のおなかを優しくポンポンと押さえます

 

頭と体の境目、体の真ん中にある線に沿って、

中心の骨に当たるまで箸を刺していきます

 

 

すると・・・

 

上の身を上手に剥がすことができます

 

 

それから尻尾を持って頭の方に剥がしていくと

上手に骨をとることができるのです!

 

 

秋刀魚を上手に取るために、箸の練習もしました!

 

お箸を持って

「こうやって持つんでしょ?」「知ってるよー」と得意げな子や

「こうかな?」「先生どうやって持つの?」と不安げな子もちらほら

 

いざ!本物の秋刀魚を前にすると、

 

「秋刀魚上手に食べられるかなー」「少し自信ないなー」

と言っていた子ども達でしたが、

 

「まず、おなかをポンポンするんだよね」

「次は刺すんだよね」「このくらいかな?」

 

と話しながら、秋刀魚と格闘する子どもたち・・・

 

「骨きれいにとれたよー!みてみてーー」

と骨を上手にとれたことを喜んでいました。

 

 

また10月25日の給食に秋刀魚が出ます。

再挑戦することを楽しみにする子ども達でした。

おうちでも秋刀魚を子ども達と一緒に食べてみてください。

 

今月の給食では、秋らしい和食の献立を多く取り入れ、箸を使う機会を増やしていきます。

箸の正しい持ち方について保育園でも伝えていきますが、ご家庭でも下図を参考にして伝えて頂ければと思います。

 

 

栄養士 西山

ページトップへ
2012年10月10日

食育 焼き芋クッキング

クッキングの時間です。

今日は花組さんと「ほくほく焼き芋」を作りました!

 

まずはさつまいも洗いから始めます。

さつまいもを見て

「ちいさいねー!」

と喜ぶ子ども達。

そう、今回は焼き芋をいうことで、

子ども達でも丸ごと1本食べられるように

長さ15cm程の小さいサイズのさつまいもを用意したのです。

 

ボールに入った水の中でさつまいもを洗います。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

ゴシゴシゴシ

「きれいになったかな?」

小さな手で丁寧にさつまいもを洗っていきます。

 

次に濡れた新聞紙でさつまいもを包んでいきます。

新聞紙が破れないように優しく丁寧に

 

 

クルクルクル

「やぶれちゃったー!」

「みてみて!じょうず?」

少し穴が空いてしまった子もいたけれど

みんな上手に包めました。

 

最後にアルミホイルでさつまいもを包んでいきます。

 

 

クルクルクル

「できた!みてみて!」

「バナナみたいだね!」

大喜びの子ども達。

 

 

上手にできました!

 

「おいしく作ってね。」

 

さて、15時になりました。

おやつの時間です。

「焼き芋できたー?」

ランチルームで自分の順番がくるのをワクワクして待っています。

 

すると・・

「園長先生に持っていく!!」

と言ってRくんとRくんが自分のさつまいもを持ち、園長先生がいる事務所へ。

 

「園長先生!ぼくがつくったやきいもだよ!」

嬉しそうに園長先生に差し出していました。

 

 

「上手にできたね!ありがとう。いただきます。」

「めしあがれ!」

誇らしげに園長先生を見つめていました。

 

“作る楽しさ”と“食べてもらう喜び”

クッキング活動では旬の食材に触れながら

こうした心も育んでいきたいと思っています。

 

 

栄養士 宮澤

 

ページトップへ
2012年10月4日

食育 見てみて、お米炊けたよ!!

今日は月組と一緒に炊飯活動を行いました。

 

まず絵本でお米が収穫出来るまでの話・炊飯の仕方を話しました。

 

 

春にもみを田んぼに植え、夏には田んぼの草取り、秋になり緑の稲穂から黄色の稲穂になったところで収穫!!

お米が大きくなり収穫できるまで長い時間がかかることを知った月組は

「すごいねー」 「稲も夏は緑だけど秋には黄色になったね」

と驚いていました。

 

さあ、保育園ではじめての炊飯にチャレンジ!!

 

まずは米を計るところからはじめます。

「1合…ぎりぎりにいっぱい」とお米を1合カップから落とさないように慎重に

 

次は米とぎです。

まずは栄養士がお米のとぎ方を見せると

「やったことあるから出来るよー」と自信満々な笑みを浮かべていた子ども達が‥

あれ?っと実際にやってみると難しかったようで少し戸惑い気味

 

でも何回もといでいくと徐々にコツをつかみ子ども達も上手くなり、

嬉しそうに米とぎをしていました。

 

そしてきれいになったお米と水をいざ炊飯器へ!!

 

お米をこぼさないように慎重に‥慎重に‥

水もこぼさないように慎重に‥慎重に‥

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

あとは炊飯器の炊飯スイッチを押して、

おいしく炊けるまで楽しみに待っていました。

 

3時!!

待ちに待ったおやつの時間です。

この時間を楽しみにしていた月組の二人は

炊飯器のふたが空いた瞬間…「わーー」「見て―、お米がつやつやになったよ」と大喜び

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

自分たちで炊いたご飯は格別だったようで、

「いつもよりほかほか美味しいね」「お米ってあまいね」と嬉しそうに食べていました。

 

 

まだはじめたばかりの炊飯活動も

経験を積んでいくことによって子どもたち自身が自信を持ち

進んで“炊飯活動がしたい”と思える日が来ればいいなと思っています。

 

栄養士 須藤

 

 

ページトップへ
2012年10月2日

食育 さつまいものお話

今月の野菜は「さつまいも」

今日は子ども達にさつまいもができるまでのお話をしました。

 

「さつまいもができるには何が必要かな?」

「太陽!!」

「水!」

「種!!」

 

「さつまいもは種じゃなくてさつまいもからできるって知ってる?」

「えー!」

種からさつまいもができると思っていた子ども達はびっくり!

 

土の中にさつまいもを植えると…

 

 

芽が出て葉が大きく育ちました。

 

 

この葉を抜き取ると…

さつまいもが!!

 

 

「わー!!」

 

「さつまいもは土の中でたくさん育ったね。」

 

そして土の中から本物のさつまいもが登場!

3種類のさつまいもの紹介をしました。

 

それを目にした子ども達は

「紫色だー!」

「オレンジだ!!」

初めて見るさつまいもに大喜び!

 

 

「今月は給食にさつまいもがたくさんでます。

みんなたくさん食べようね」

「はーい」

 

 

降園時にお話で使用した模型を展示しました。

 

 

それを見た保護者の方から

「さつまいもにこんな花が咲くことを知りませんでした。」

「珍しいさつまいもですね。」

 

と保護者の方からたくさんの声を聞くことができました。

 

今回、紙芝居や絵本などを見せるのではなく、実物の野菜に触れる体験をするため模型を作りました。

 

本物みたいに作るのは大変ですが、

“手をかけて子ども達が分かりやすい食育”

を今後も行っていきたいと思っています。

 

 

栄養士 宮澤

ページトップへ
2012年9月24日

食育 「まあ’s キッチン☆」

今日は須藤栄養士がお休み(青森に帰省中)だったので

シェフ政隆にヘルプにお越しいただきました!

 

本日のメニューは「麻婆茄子」

 

かわいいエプロンを身にまとい、

華麗に茄子を揚げていくシェフ政隆。

 

「あれー!園長先生がごはん作ってるー!!」

 

シェフ政隆を目撃し、大喜びの子ども達。

すかさず園長先生は

「料理のできる男はかっこいいでしょ?

もこみち!って呼んでいいよ!」

 

「………。」

無言の子ども達(笑)

 

そして、エプロン姿に大笑いの先生達。

 

「いただきます!」

「園長先生が作った麻婆茄子だよ!」

「おいしいね!」

 

大喜びで食べる子ども達。

 

「調理室の中と外では世界が全然違うんだな。」

 

調理室の中からおいしそうに食べる子ども達を見て微笑む園長先生。

 

「次はいつ作ろうかな!」

 

やる気まんまんで調理室を後にして行きました。

 

次回の登場をお楽しみに☆

 

 

栄養士 宮澤

ページトップへ
2012年9月13日

食育 第二回目こころクッキング

今日は第二回目のこころクッキングを行い、秋に美味しい時期を迎えるさつま芋とりんごを使った「さつま芋とりんごのカナッペ」を作りました。

 

はじめに栄養士が食材の紹介と親子の前で実際に実演しました。

 

お父さん、お母さんも子ども達も真剣な目をして話を聞いてくれ

早くクッキングをしたい!!とじわじわ伝わってきました…

クッキングの準備もととのい、作り方も分かったところで‥

いざ、Let`s クッキング!!

 

ほかほかのさつま芋が出来あがり、まずはさつま芋の皮むきに挑戦です。

「温かいねー」「難しいな、剥けないよ‥」と

お父さん、お母さんに助けられながらも頑張る子供達

次はさつま芋つぶしです。

スプーンで少しずつ少しずつつぶしていきます。

「出来ないよー」「お芋って固いねー」とつぶやく子ども達に温かく手を差しのべるお父さん、お母さん

つぶし終わったところでスキムミルク入り牛乳を少しずつさつま芋に加えかき混ぜます。さっきまで難しいとお父さん、お母さんに助けを求めていた子ども達も

「混ぜるのは得意だよ」と自慢げにかき混ぜています。

 

さぁいよいよ煮ていたりんごの登場です!!

頑張って混ぜたさつま芋に煮リンゴを投入。

またまた子どもたちは自慢げにかき混ぜます。

 

数分後…

「できたー」「おいしくできたよー」と嬉しそうにお父さん、お母さんに見せる子ども達

「上手にできたね」と一緒に自然と笑顔になるお父さん、お母さん

 

楽しみにしていた試食会

 

園長先生や栄養士、保育士が「おいしいかな?」と尋ねると

 

子ども達は「おいしいよ」「上手にできたの」「自分で作るとおいしいね」

お父さん、お母さんは「簡単に出来ますね」「スキムミルクも入っていてカルシウムも豊富だし、味も気にならないですね」「また家でも作ってみます」と喜びの声を頂きました。

 

笑顔が沢山溢れた今回のこころクッキング!!

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

やはりお父さん、お母さんと一緒にクッキングすることは子ども達が喜ぶのはもちろん親子のコミュニケーションを深める場ともなります。

ぜひご家庭でも食材を洗う、食材をつぶす・まぜる等一緒に簡単に出来るクッキングをしてみてはいかがでしょうか。

栄養士 須藤

 

 

ページトップへ
2012年9月12日

食育 水曜日は野菜の日!!

今日、水曜日は野菜の日でした

野菜の日は、普段食べている肉や魚が中心の献立ではなく、野菜や大豆製品が中心の献立になっています。

野菜が苦手な子もおいしく食べられるように工夫したメニューを取り入れています。

 

 

給食に入る前に、今日の給食の中に入る食材を子ども達に紹介しました。

 

・食材を見せると・・・

「こんなにたくさんの野菜が入っているの?」

 

・ごぼうを見ると・・・

「ごぼうって長くて、大きいねー」

 

・大豆を見せてから、大豆から油揚げができるんだよと伝えると・・・

「えー!お豆が変身しているね!すごいね」

 

・わかめも、切る前の海に生えている状態を見せると・・・

「わかめながーい!」「おばけみたい」

 

などなど、おどろくことばかり・・・

 

 

そして、食事中には

・このお野菜さっきみたよね

・お野菜おいしいね

 

という会話が聞こえてきました。

 

これからも毎週水曜日は、子ども達と一緒に野菜に親しんでいきます。

 

おひるごはん

おやつ

 

 栄養士 西山

ページトップへ
2012年9月11日

食育 さつまいもおっきいー!!

今日のおやつは「大学芋」

ということで、子ども達にさつまいも洗いをお手伝いしてもらいました。

 

“手を洗った後は、バイキンがつくから何も触らないようにしようね”

 

のお約束事もしっかりと守って

いざ、さつまいも洗い☆

 

「さつまいもおっきいー!!」

 

と喜ぶ子ども達。

 

ゴシゴシゴシ

 

 

「きれいになったかな?」

「まだまだ、もう少し」

小さな手で一生懸命洗ってくれました。

 

綺麗になったさつまいもを

嬉しそうに先生達に「みてみてー」と見せていました。

「ありがとう」と伝えると、

誇らしげな顔をして“ニコッ”っと笑っていました。

 

みんなで洗ったさつまいもは

おいしい「大学芋」になりました☆

 

9月に入り秋の食材も増えていきます。

子ども達に旬の食材に触れる機会をもっと増やしていきたいと思います。

栄養士 宮澤

ページトップへ
2012年9月6日

食育 園長先生検食中…

今日の給食の献立は「きのこ和風パスタ」でした。

 

10時30分

園長先生の検食の時間です。

 

園長先生の厳しい審査があるからこそ

子ども達が「おいしい」と喜んでくれる給食が毎日提供できます。

でも…厳しいと言いながらも、園長先生は毎日

「ちょーうめー」

と食べてくれます。

ちなみに

おやつは、園長先生の苦手な・・・

椎茸がたっぷり入った「五目いなり」でした。

 

たっぷり椎茸が入っているので取り除くのが大変です!

子どもより手がかかります(笑)

 

栄養士 宮澤

 

ページトップへ