2013年11月20日

保育 11月 お花の会

今月も十字先生に来て頂き、季節のお花を目の前で生けて頂いています!

それでは、今月のお花を紹介します♪

 

*ランチルーム

○アカメヤナギ:猫の爪のように赤い芽が特徴です。この芽は剥くことができ、剥けると白くて銀色の芽が出てきます。

○ゴットセフィアナ:若草の葉は黄色の斑点がありますが、成長するにつれて徐々に白っぽい斑点に変わってきます。

○菊:ストローのような咲き方をする菊の花。

 

お花1

 

 

*幼児玄関

〇ドウダンツツジ:ツツジ科。「ドウダン」は、枝分かれしている様子が昔夜間の明かりに用いた灯台の脚部と似通っており、その「トウダイ」から転じたもの。砂糖水をかけることで、艶や持ちがよくなるとのことです!

〇菊(緑):菊にも様々な咲き方や色があり、今回は緑の菊を生けていただきました。

孔雀(くじゃく)(そう)(白いお花):長い茎がたくさん枝分かれして多数の花を咲かせます。

お花2

 

 

*乳児玄関

〇サンゴミズキ(赤い枝):春になると小さな白い花が咲きます。

〇サンダーソニア:ちょうちん型のオレンジ色のお花が咲きます。

〇マトリカリア:花径1~2㎝の素朴で小菊に似た白や黄色の花を多数咲かせます。

お花3

 

 

生け終わった後は、

「ほかにはどんな色のお花が咲くんですか?」等と質問をしたり、

「とてもきれいなお花でした!」等々感想を伝えたりし、十字先生とのお話を楽しむ子ども達でした。

 

また、菊にちなみ、月組さんが「きくのはな」の伝統遊戯を発表しています!

十字先生も喜んでくれて、嬉しそうにする月組さんでした。

来月のお花も楽しみです♪

お花4お花5 - コピー

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

保育士 木村

ページトップへ