2013年11月22日

保育 お・も・て・な・し

今月のお手紙でも紹介しましたが、先月より沢山のクッキングに取り組んでいる月組です。今では自分達で三角巾やエプロンをつけようと、クッキングの準備から頑張っています。

先月行った「おもてなし焼き味噌おにぎりクッキング」について紹介します♪

 

AM9:40~「炊飯活動」

 一人3回ずつお米を研いでいきます。「のをかいてぎゅっ!」という研ぐ際の掛け声と共に、まだ慣れない手つきで一生懸命研ぐ子どもたち。

 

おもてなし12

 

 

 

 

 

 

 

 

3

 

 

「あ、5回研いだ、ずるーい!」「僕ももう一回やりたい!」そんな会話が聞こえてきます。自分が研ぐ番ではない時も友だちが研ぐ姿をよーく見ているんです。(笑)

その観察力で、水の色が変わっていく様を細かに伝え合っていました。

 

4

 

 

さて、きれいにお米を研ぐことができたら、炊飯器に移し入れスイッチオン!

「ちゃんと炊けますように」と炊飯器の前で手を組み願う女子達…。

 

ちゃんと炊けることを願い、午後のクッキングに期待を膨らませながら、その後は中和公園に出掛けました。

 

PM14:00~起床(10月までは昼寝をしていましたね。今ではお昼寝をしない時間が一番楽しみにしているようですが…)

いつもよりも起きる時間が早い為、眠そうにしながらも三角巾とエプロンを準備し手洗いを済ませます。

その時、須藤先生が炊飯器を持って登場!

いざ、炊飯器の蓋を開けると、もくもくと湯気が立ち起こり、中にはきらきら光る炊けたお米が!

「うわぁーーーー!!」今まで眠かった姿はどこへやら。湯気の中を覗き込んで、お米を見たり匂いをかいだりして嬉しそうにする月組さん。

 

午後のクッキングは「焼き味噌おにぎりクッキング」。

子ども達が炊いたお米を握り、以前作ったお味噌を塗ります。

須藤先生「今日のみんなのおやつは月組さんに作ってもらおうかな!」

子ども達「よっしゃぁ~!」「そんなに作れるかなぁ!?」

驚きとやる気の声が上がりました。

まず女の子がおにぎりを握る担当に、男の子は女の子が握ったおにぎりにお味噌を塗る担当に分かれました。

 

5

 

 

女の子は手を上手に合わせて三角形のおにぎりを作ろうとにぎにぎ頑張ります。

 

負けじと、女の子が作ったおにぎりに男の子がお味噌を塗っていきます。

 

 

かんぺきなチームワークと流れ作業で花・星・月組分と先生分のおにぎり(計35個)を作ることが出来ました!

クッキング時間は約15分。

私、須藤先生「月組さん、すごいね…」

所要時間30分を予定としていましたが、その半分の時間で作り上げた月組さん!

頑張ったね!

 

7

 

 

できた味噌おにぎりをオーブンで焼いている間、月組はランチルームでおやつを食べる準備をします。

 

PM15:00~花・星組起床、おやつの時間

いよいよおやつの時間になりました。

89

 

 

 

 

 

 

 

 

 

月組さんが各テーブルについて作ったおにぎりを友だちのお皿に乗せてあげました。

月組さんのおもてなしに花、星組のお友だちもとっても嬉しそう。

「おいしい」と言われて、月組も満足そうに笑顔で自分たちが作ったおにぎりを食べていました。

自分たちで頑張って作ったおにぎりは格別の味だったようです。

 

10

 

 

園長先生には特大のおにぎりをおもてなし。

普段少食の園長先生も、絶賛してペロリと食べてしまいました!

 

自分たちでみんなの為に一生懸命作った焼き味噌おにぎり。

「おいしいね」「作ってくれてありがとう」と年下のお友だちや先生に言葉をもらって、おもてなしして良かった、嬉しかった、楽しかった等感想を話していました。

今後もおもてなしの活動を通し、相手を思いやる経験をすることで、優しいこころを育てていきたいと思います!

月組のみんな、とっても美味しかったよ!

ありがとう。

 

11

 

 

保育士 木村

ページトップへ