2013年12月27日

保育 12月 お花の会

 今月はクリスマス仕様の生け花も登場した12月のお花を紹介します♪

<ランチルーム>

 ランチルーム

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

○ヒメミズキ:今はつぼみですが、暖かくなると若草色の小さなお花が咲きます。

○カーネーション:実はまだつぼみのもの。中に沢山の花びらが隠れており、手で花びらを開く手伝いをしてふんわり広げています。

○ドラセナ:緑の観葉植物で、緑の葉がとても奇麗です。

 

 

<乳児玄関>

乳児玄関 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

〇ガーベラ:外側は黄色ですが、中心にかけて色が濃くなっています。

〇ハンの木:若草色の実は来年咲くもの、まつぼっくりのように茶色くなっている実は、今年咲き終わったものだそうです。

〇タマシダ(緑の植物):シダ植物の仲間。乾燥した地面や樹上に生え、観賞用にも栽培されています。

 

 

<幼児玄関>

 幼児玄関

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

(うん)(りゅう)(やなぎ):発砲スチロールを吹きかけ、雪がついたような真っ白い柳に変身!

〇モミの木:クリスマスツリーでお馴染みの植物です。左右対称に葉が茂る様子が、

平等=平和と捉えられ、クリスマスツリーに用いられることになったそうです。

〇ポインセチア:生ける際に根の部分を火で焼くと、よく咲くようになるそうです。

 

 

 また今回、月組の3名がお花を生けることに挑戦!

ペットボトルに水と石を入れて華器代わりとし、華材はポインセチアとモミの木を使って生けました。

 1

 

 

 

 

 

 

 

 

2

 

 

 

 

 

 

 

 

 

十字先生にため方(華材を手で優しく曲げる方法)や生け方のコツを教えてもらい、慎重に華器(ペットボトル)の中にお花を入れていきます。

同じ華材を使っていますが、それぞれ個性が出る素敵な作品が出来上がりました♡

「難しかったけど、楽しかった~!」と子ども達同士満足した表情で話していましたよ。

今後も子ども達が生ける体験を通して、より華道に親しみを持つことができるようにしていきたいと思います♪

 

                           3

 

 

 

 

 

 

 

 

                                                                  

保育士 木村

 

 

   

 

ページトップへ