2012年9月28日

その他 「現実から…夢へ…そしてまた現実へ」

保育園のおやつで冷たいアイスがでてきたら…しかもそれが日常的に。

なんて考えたことはありますか?

 

そんな夢のようなこと考えたことありませんよね…

 

でもそんな夢を叶えてくれる、シェアNO1のアイス会社があるのです。

 

新しいことに挑戦している園長がいるという話を聞いて

先日、その会社の方が保育園に来て

「保育園のおやつでアイスを提供したい」

とお話をされました。

 

園長は、二つ返事でOKを出しました!

なぜかというと…

 

その会社は、営利とは関係なしに子ども達がどうしたら幸せになれるかということを一番に考えて
「子どもの健康に良いカルシウム入りアイス」を作ったのです。

 

全国の子どもたちの健やかな成長を願っているその会社の想いに園長は賛同し、
試食会の受け入れをしました。

 

 

待ちに待った、試食会の日…

その日の昼の会議で

「職員も試食できるよ!」

と園長先生の言葉に

「えーーーーー!!!!」

職員は嬉しさを隠せません(笑)

 

夕方、こころホスピタル終了後。…

アイスが職員に配られます

 

「うわぁ!」

 

「おいしい~♪」

 

「何ソースかける?」

 

 

 

職員は子どものように大はしゃぎ!

本当においしかったのです!

この夢のような光景が日常になったら…

毎日アイスの機械の前には列ができるでしょう。

 

 

…しかし、この夢が叶うのはわが園ではまだまだ先に話であろう。

と片づけをしながら思うのでした。

 

 

事務保育士 高橋

ページトップへ